コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイ

5件 の用語解説(銘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい【銘】

金石・器物などに事物の来歴や人の功績を記したもの。「碑にを刻む」
特にすぐれた物品につける特定の名。「を付ける」
製作物に入れる製作者の名。
心に刻み込んでいる戒めなどの言葉。「座右の

めい【銘】[漢字項目]

常用漢字] [音]メイ(漢)
金石に刻みつけた文字や文章。「銘文/鐘銘・碑銘無銘墓碑銘
心に刻みつけて忘れない。「銘肝銘記感銘肝銘
特製品であることを示す語。「銘菓銘酒銘茶
商標。商品名。「銘柄
[名のり]あき・かた・な

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めい【銘 míng】

中国の韻文の文体の一種。本来は鼎など日用の器物に彫りつけて,行動の戒めとすることばであった。《大学》に見える殷の湯王の〈盤銘〉などがそれである。多くの場合4字句から成り,偶数句で押韻する。のち石に刻んで人の功績を賞賛し記念する碑や,墓誌の韻文部分を指してまた〈銘〉と称するようになった。この種の銘はに共通する性質を持つ。散文で述べられた意をうけて韻文で簡約にまとめるのである。銘文【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

めい【銘】

器物・碑などに刻んで、物事の来歴や人の功績を述べた文。
心に刻みこんだ戒めなどの言葉。 「座右の-」
器物に刻んだ、製作者の名。 「 -がある」
上質であることを示すために、物に特につけた名。また、器物。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


めい

「記す」「刻み込む」という字義のとおり、古来、金石や器物(鐘、鼎(かなえ)、盤(たらい)、碑、石、板など)に記し、刻み込まれた文句を広くさしていった。すでに殷(いん)の湯(とう)王が湯あみする盤に彫って自戒したという「湯の盤銘――苟 (まこトニ)日新、日日新、又日新」が『礼記(らいき)』「大学篇(へん)」に、孔子の祖の正考父(せいこうほ)の「鼎銘(ていめい)」が『春秋左伝』に引用されている。その後、宮、室、門、井、席などにも銘が記されることになり、さらに文体の一つとして紙面に長い文章として書かれるようになった。内容からいって、漢の崔(さいえん)の「座右銘」、唐の白居易(はくきょい)の「続座右銘」などのように自ら戒めるものと、自他の記録、称賛を兼ねたものとに大別される。『史記』の「泰山銘」「会稽(かいけい)銘」「琅邪(ろうや)台銘」「子罘(しふ)銘」「碣石(けっせき)銘」などが後者であり、とくに死者を対象とするジャンルに碑名、墓銘がある。墓銘または墓誌銘には人生記録、伝記文学としての優れた作品がある。[杉森正弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【葬制】より

…この紙銭は炉で燃やされ,冥界での通貨となると考えられている。次に〈銘〉という旗のようなものを作って死者の姓名官位を記す。庭には,遺牌を作る前に神を依らせるものである〈重(ちよう)〉が立ててあるが,その上に銘を載せる。…

【旗】より

…また旗には辟邪の機能があり,保護霊の宿るところとも観念され,祭祀の神おろしや祖霊おろしにも使われた。さらに銘とか銘(明)旌の語に示されるように,貴族・高官の喪儀には霊柩の前に〈某官某公の柩〉と書かれた旗がたてられ,葬るときにその旗は柩上におかれた。死者だけでなく,功労のあった臣下の名は王の旗に銘書されもした。…

【墓誌】より

…墓誌銘ともいう。本来,中国の文章のジャンルの一つで,墓中に埋め,時代が移り変わっても,墓の主がだれかをあきらかにするための文をいう。…

※「銘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銘の関連情報