決断主義(読み)けつだんしゅぎ(英語表記)Dezisionismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

決断主義
けつだんしゅぎ
Dezisionismus

法学的思考の一つの類型を特徴づけるものとして,C.シュミットによって用いられた概念。彼は法学的思考を規範主義,決断主義,具体的秩序思考の3種に分け,法の本質や妥当根拠に関して権力的意思の決断を重視する考え方を決断主義と呼んだ。典型的な例としては,中世ノミナリズムに基づく法=神意説や近代の T.ホッブスに代表される法=主権者意思説など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

決断主義の関連情報