コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意思 イシ

デジタル大辞泉の解説

い‐し【意思】

何かをしようとするときの元となる心持ち。「本人の意思に任せる」
法律用語。
民法上、身体の動作の直接の原因となる心理作用や、ある事実に対する意欲をさす。
刑法上、自分の行為に対する認識をさし、時には犯意と同じ意味をもつ。「犯行の意思
意志用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いし【意思】

心の中に思い浮かべる、何かをしようという考え。思い。 「撤回する-はない」
〘法〙
民法上、欲求ないし承認。表示行為の直接の原因としての心理作用。
刑法上、自分の為そうとする行為についての認識。 〔 (1) 元来は漢籍に典拠を持つ語。英語の motive や idea また will などの訳語とされた。西周にしあまね「致知啓蒙」(1874年)には will の訳語としてある。その後、主に法律関係で用いられてきた。 (2) 同音語の「意志」は何かをしよう、したいという積極的な心の働きのことであるが、それに対して「意思」は法律分野で用いる語で、何かをしようという時に思い浮かぶ考えや意図をいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

意思
いし

法律上は、一定の法律効果を発生させようとする意欲。たとえば、甲が乙のもっている家を買いたいと思ったり、自分の死後はある土地を長男にやりたいと思ったりすること。この意欲は、これを外部に表す行為(意思表示)といっしょになって初めて法律的な意味をもつ。この場合の意思を効果意思といい、それを外部に表す行為を表示行為という。
 近代の民法は、自由で独立の意思を法律の基礎に置いて(私的自治の原則)、法律行為の効果は当事者がそれを意欲するから発生するという考え方にたっている。もっとも、意思に法律効果が与えられるのは、それが与えられるにふさわしい場合に限られ、たとえば、友人間の儀礼的な約束とか、宗教上・社交上の約束などは効果意思がないとして、その法律効果が否定される場合もある。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

意思の関連キーワードデシジョンサポートシステムデシジョンメーキング意思主義・表示主義心裡留保・心裏留保リビングウイル意思表示カード下院優越の原則戦略的意思決定私的自治の原則戦略的選択論相対多数主義ドナーカード絶対多数主義テンニース国家意思共同正犯使用窃盗自主占有参与機関全体意思

意思の関連情報