河田 賢治(読み)カワタ ケンジ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の政治家 日本共産党名誉幹部会委員;元・参院議員。



生年
明治33(1900)年1月1日

没年
平成7(1995)年12月17日

出生地
京都府与謝郡岩滝村

学歴〔年〕
東京工科学校機械科

経歴
小学校を卒業後、明治45年舞鶴海軍工廠に入り、大正6年上京して富士電機に勤務、夜は学校に通った。8年日本鉄工に入社、友愛会東京鉄工組合支部に入会して労働運動に加わる。10年解雇され、11年総同盟関東同盟会主事となり、同年日本共産党創立とともに入党。昭和3年3.15事件で捕えられた。18年に出所。戦後共産党再建にあたり、21年京都府委員長、24年衆院議員に当選1回。26年レッドパージにあい、地下活動に移る。32年公然活動に復帰し、33年中央委員、39年中央委員会幹部会員。43年以来参院議員を2期務めた。のち名誉幹部会委員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
日本共産党名誉幹部会委員,元・参院議員

生年月日
明治33年1月1日

出生地
京都府与謝郡岩滝村

学歴
東京工科学校機械科

経歴
小学校を卒業後、明治45年舞鶴海軍工廠に入り、大正6年上京して富士電機に勤務、夜は学校に通った。8年日本鉄工に入社、友愛会東京鉄工組合支部に入会して労働運動に加わる。10年解雇され、11年総同盟関東同盟会主事となり、同年日本共産党創立とともに入党。昭和3年3.15事件で捕えられた。18年に出所。戦後共産党再建にあたり、21年京都府委員長、24年衆院議員に当選1回。26年レッドパージにあい、地下活動に移る。32年公然活動に復帰し、33年中央委員、39年中央委員会幹部会員。43年以来参院議員を2期務めた。のち名誉幹部会委員。

没年月日
平成7年12月17日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android