コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出所/出処 シュッショ

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐しょ【出所/出処】

[名](スル)
物事の出てきたところ。出どころ。「―不明の情報」「資金の―を究明する」
生まれたところ。出生地。
(出所)事務所・研究所など、所と呼ばれるところに出勤すること。「定刻に―する」
(出所)刑期を終えて刑務所を出ること。「仮釈放で―する」
(出処)官に仕えることと民間にいること。去就

で‐どこ【出所/出処】

でどころ」に同じ。「資金の―を問う」

で‐どころ【出所/出処】

物事が出てきたもとの所。しゅっしょ。「うわさの―」
出るべき場所・場面。「ここらが主役の―だ」
出口。「袋小路で、他の道路への―はない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android