コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士電機 ふじでんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士電機
ふじでんき

電機メーカー。 1923年古河電気工業とドイツのジーメンスとの提携で富士電機製造設立。 35年通信機部門を分離して富士通信機製造 (現富士通 ) を設立,66年家電販売部門を分離して富士電機家電を設立。 68年川崎電機製造を合併。発電機,原子機器などの重電機器を中心に計測器,半導体,各種電動機,電力量計などの汎用機器,自動販売機などの特殊機器などを生産している。 66年にはイギリスのゼネラル・エレクトリックと共同で,茨城県東海村に設置された日本で初めての商業用原子力発電所の原子炉を建設した。 84年現社名に変更。パワー半導体,情報関連,自販機などで高いシェアを握る。売上構成比は,電機 40%,制御・情報・電子デバイス 44%,業務用民生機器ほか 16%。年間売上高 8520億 6000万円 (連結。うち輸出 17%) ,資本金 475億 8600万円,従業員数1万 2247名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

富士電機

正式社名「富士電機株式会社」。英文社名「FUJI ELECTRIC CO., LTD.」。電気機器製造業。大正12年(1923)「富士電機製造株式会社」設立。昭和59年(1984)「富士電機株式会社」に改称。平成15年(2003)純粋持株会社化にともない「富士電機ホールディングス株式会社」に改称。同23年(2011)子会社を吸収合併し事業持株会社となり、現在の社名に変更。本社は東京都品川区大崎。電気機器大手。各種電機システムや電子機器、半導体などの製造を手がける。富士通の母体企業。東京(第1部)・名古屋(第1部)・福岡の各証券取引所上場。証券コード6504。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士電機
ふじでんき

総合電機メーカーの旧名称。1923年(大正12)富士電機製造として設立。1984年(昭和59)富士電機に改称。2003年(平成15)全事業を分社化し、富士電機グループの持株会社「富士電機ホールディングス」となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

富士電機の関連キーワード富士電機ホールディングス(株)富士電機リテイルシステムズ富士電機ITソリューション富士電機イー・アイ・シー第一勧業銀行グループピークシフト自販機古河電気工業[株]ジーメンス[会社]川崎重工業(株)吹上(埼玉県)富士古河E&C豊田(東京都)富士電機[株]吉村 万治郎富士アイティ富士電機冷機古河総合設備富士通(株)富士電機総設安田 幾久男

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士電機の関連情報