コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沸石相 ふっせきそうzeolite facies

岩石学辞典の解説

沸石相

低度の変成相で,ダイアジェネシスと広域変成作用の過渡的なものである.この変成作用は低温と中程度の荷重圧に支配され,形成された岩石にはローモンタイトが存在する特徴がある[Coombs, et al. : 1959, Fyfe, et al. : 1958].ウィンクラーはこの相をローモンタイト─プレーナイト─石英相としている[Winkler : 1967].エスコラは沸石相を独立した鉱物相として考えなかったが,沸石の形成に注目していた[Eskola : 1939].その後クームスの研究を基にファイフ,およびクークスはこれを沸石相として独立させた.この相では沸石の存在が中心であって,アナルサイム,ヒューランダイト沸石などが形成され,ローモンタイト─石英─緑泥石の組合せが広く見られる[Turner : 1981].沸石類は化学組成に大きく影響を受け,特にH2OやCO2の分圧や量に影響を受ける.沸石相は埋没変成作用によって形成されると考えられ,アナルサイム,ヒューランダイトなどの沸石が形成され,特にローモンタイトの形成が特徴である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

沸石相の関連キーワードプレーナイトパンペリアイト相ドーソン石湯河原沸石クームズ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android