油滴(読み)ユテキ

大辞林 第三版の解説

ゆてき【油滴】

油のしずく。
建盞けんさんの一種。黒地で、茶碗の内外に油の点滴に似た金色または銀白色の斑紋が現れているもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油滴の関連情報