コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞丈雑記 ていじょうざっき

5件 の用語解説(貞丈雑記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貞丈雑記
ていじょうざっき

江戸時代後期の有職故実書。 16巻,36部。伊勢貞丈著。子孫への古書案内,故実研究の参考書として,宝暦 13 (1763) ~天明4 (84) 年の 22年間にわたり執筆。草稿のまま伝わったのを岡田光大が校訂して天保 14 (1843) 年に刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていじょうざっき〔テイヂヤウザツキ〕【貞丈雑記】

江戸時代の有職故実書。16巻。伊勢貞丈(いせさだたけ)著。子孫のために書き記した宝暦13年(1763)以降の雑録を、死後弟子が校訂して天保14年(1843)に刊行。武家の有職に関する事項を36部門に分けて記したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ていじょうざっき【貞丈雑記】

伊勢貞丈(さだたけ)の著した有職故実書。16巻。礼法,礼儀,人品,人物,人名,小袖,烏帽子,役名,官位,装束,飲食,膳,酒盃,輿,調度,書札,進物,弓矢,武具,刀劔,馬,馬具,家作,座鋪,紙類,皮類,鳥目,鷹,物数,言語,神仏,諸結,凶事,雑事,書籍の35部に分類記載されている。貞丈が子孫が古書を読むときのたよりに,また人から故実を聞かれたおりの助けにもと,1763年(宝暦13)1月以後日々筆のまにまに書き記した雑録で,草稿のまま伝わったのを,子孫貞友のとき岡田光大が清書校合して1843年(天保14)に刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていじょうざっき【貞丈雑記】

有職故実書。一六巻。伊勢貞丈さだたけ著。1763~84年成立。1843年刊。武家の礼法伊勢流を伝える著者が、子孫のために書きとどめた故実考証を、三六部門に編集したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞丈雑記
ていじょうざっき

有職(ゆうそく)故実の解説書。伊勢貞丈(いせさだたけ)の著。十六巻。一巻は礼法、祝儀之部、以下二巻は人品、人物、人名、三巻は小袖(こそで)、烏帽子(えぼし)、四巻は役名、官位、五巻は装束、六巻は飲食、七巻は膳部(ぜんぶ)、酒盃(しゅはい)、輿(こし)類、八巻は調度、九巻は書札、進物、十巻は弓矢、十一巻は武具、十二巻は刀剣、十三巻は馬、馬具、十四巻は家作、座鋪(ざしき)飾、紙類、皮類、十五巻は鳥目類、鷹類、物数、言語、十六巻は神仏類、諸結、凶事、雑事、書籍之部と三十五部門に分け、さらに細目に分けている。
 子孫が古書を研究する参考に、また人に故実を聞かれたおりの助けにもと、1763年(宝暦13)正月以後、日々記載した雑録で、貞丈没後は弟子が改訂を加え刊行した。有職家伊勢家の所伝を受け継いでつづり、関係事項を広く網羅、考証解説し図解をも加えて、武家故実の広範な範囲を示し故実学を成立させた。後世もっぱら本書で疑義を解こうとしているほどの重要書。『増訂故実叢書(そうしょ)』所収。[小野信二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貞丈雑記の関連キーワード石野広道真野安通安斎随筆伊勢貞丈伊勢貞意伊勢貞春伊勢貞広伊勢貞藤岡田光大寺村成相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone