コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油風 あぶらかぜ

1件 の用語解説(油風の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

油風【あぶらかぜ】

油まじ,油まぜとも。油を流したような静かな風ということだが,まじは南寄りの風を示す。晩春の穏やかな晴天の日に吹いている風のこと。→桜まじ
→関連項目まじ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の油風の言及

【風】より

…〈あなじの八日吹き〉といって,陰暦12月8日に荒れ模様になることなどがこの風の特徴。 油風(あぶらかぜ)〈油まじ〉〈油まぜ〉ともいう。4月ころ吹く南寄りの穏やかな風。…

※「油風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油風の関連キーワード油凪油を流したようさめざめ石油乳剤鉄砲流し瀞み瀞む流し場油団桶な物打ち開けたような

油風の関連情報