晴天(読み)せいてん

精選版 日本国語大辞典「晴天」の解説

せい‐てん【晴天】

〘名〙 (「せいでん」とも) 晴れわたった空。また、よい天気。青天
※経国集(827)一三・重陽節得秋虹応製〈橘常主〉「晴天色爽弦文、碧水陰生橋勢長」
※東関紀行(1242頃)柏原より株瀬川「秋の最中の晴天、清き川瀬にうつろひて」
※雑俳・柳多留‐七(1772)「晴天に持って通るはかりた傘」 〔杜牧‐春日茶山詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「晴天」の解説

せい‐てん【晴天】

《古くは「せいでん」とも》晴れた空。よい天気。青天。「晴天に恵まれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の晴天の言及

【天気】より

…晴は曇や雨降りに対する語である。雲が生じて太陽や月が覆われ,雨が降り出す状態は曇天,雨天というのに対し,晴天と表現している。晴は,また日和(ひより)ともいい,日和を見る日和見もある。…

※「晴天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android