晴天(読み)せいてん

精選版 日本国語大辞典「晴天」の解説

せい‐てん【晴天】

〘名〙 (「せいでん」とも) れわたった空。また、よい天気。青天
※経国集(827)一三・重陽節得秋虹応製〈橘常主〉「晴天色爽弦文、碧水陰生橋勢長」
※東関紀行(1242頃)柏原より株瀬川「秋の最中の晴天、清き川瀬にうつろひて」
※雑俳・柳多留‐七(1772)「晴天に持って通るはかりた傘」 〔杜牧‐春日茶山

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「晴天」の解説

せい‐てん【晴天】

《古くは「せいでん」とも》晴れた空。よい天気。青天。「晴天に恵まれる」
[類語]晴れ日本晴れ快晴好天上天気炎天天気・天気晴朗五月晴れ梅雨晴れ秋晴れ晴れ間日照り油照り晴朗晴れやか晴れ晴れうららかうらうらのどか春風駘蕩しゅんぷうたいとう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の晴天の言及

【天気】より

…晴は曇や雨降りに対する語である。雲が生じて太陽や月が覆われ,雨が降り出す状態は曇天,雨天というのに対し,晴天と表現している。晴は,また日和(ひより)ともいい,日和を見る日和見もある。…

※「晴天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android