コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼井 ぬい

防府市歴史用語集の解説

沼井

 塩分のついた砂を集めて、より塩分の濃い塩水をつくるための装置です。沼井に塩分のついた砂を入れ、上から海水をかけて、染み出た塩水を釜屋[かまや]に運びます。染み出た塩水は海水よりも塩分が濃いので、効率よく塩がつくれます。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

沼井の関連キーワード塩田(えんでん)三つ一持法沼井踏み沼井掘りしおとり寄せ女持目撒砂

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沼井の関連情報