コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沿岸前線 えんがんぜんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沿岸前線
えんがんぜんせん

放射冷却などによる内陸の滞留寒気と,下層の一般場の大気との間にできるメソスケールの不連続線のこと。局地的な曇天や雨をもたらす。下層の一般場の暖湿流が滞留寒気に乗り上げるかたちになると大雨となることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

沿岸前線の関連キーワード海洋前線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android