大雨(読み)たいう

精選版 日本国語大辞典「大雨」の解説

たい‐う【大雨】

〙 ひどく降る雨。豪雨。おおあめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※羅葡日辞書(1595)「Procellosus〈略〉タイフウ、taivno(タイウノ) シゲキ トコロ、または taiv(タイウ) ヲ シゲク サスル モノ」 〔春秋左伝‐隠公九年〕

ひち‐さめ【大雨】

〘名〙 (「ひち」は「ひつ(漬)」の連用形か。「ひぢさめ」とも) びっしょり濡れる雨。おおあめ。また、冷たい雨。ひさめ。ひため。
書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓)「雷鳴り大雨(ヒチサメふ)る」

ひ‐さめ【大雨】

〘名〙 (「ひちさめ」の変化した。「ひっさめ」の促音の無表記形か) =ひちさめ(大雨)
※書紀(720)武烈八年三月(図書寮本訓)「大風甚雨(ヒサメ)らず」

ひため【大雨】

〘名〙 「ひちさめ(大雨)」の変化した語。
※書紀(720)垂仁五年一〇月(北野本訓)「復大雨(ひさめ)(〈別訓〉ヒタメ 私)、狭穂より、発(ふ)り来(き)て」

おお‐あめ おほ‥【大雨】

〘名〙 ひどく大量に降る雨。豪雨。「大雨洪水注意報」
※和泉式部集(11C中)上「おほあめのあした、はいかがと宮よりある御返事」

ひじ‐さめ ひぢ‥【大雨】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大雨」の解説

ひ‐さめ【大雨/甚雨】

おおあめ。ひどい雨。
「大風—に避らず」〈武烈紀〉

たい‐う【大雨】

おおあめ。豪雨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android