大雨(読み)オオアメ

デジタル大辞泉 「大雨」の意味・読み・例文・類語

おお‐あめ〔おほ‐〕【大雨】

大量に降る雨。「大雨注意報」⇔小雨こさめ
[類語]豪雨雨天荒天悪天雨空梅雨空雨降り雨催い雨模様遣らずの雨降雨一雨お湿り慈雨山雨小雨涙雨微雨細雨煙雨霧雨糠雨小糠雨・どか雨・篠突く雨風雨暴風雨強雨雷雨にわか雨通り雨村雨驟雨夕立白雨スコール照り降り雨日照り雨天気雨狐の嫁入り春雨はるさめ春雨しゅんう卯の花腐し五月雨さみだれ五月雨さつきあめ地雨長雨淫雨霖雨涼雨秋霖秋雨時雨初時雨村時雨氷雨冷雨雨氷酸性雨

ひ‐さめ【大雨/甚雨】

おおあめ。ひどい雨。
大風―に避らず」〈武烈紀〉

たい‐う【大雨】

おおあめ。豪雨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「大雨」の意味・読み・例文・類語

たい‐う【大雨】

  1. 〘 名詞 〙 ひどく降る雨。豪雨。おおあめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
    1. [初出の実例]「Procellosus〈略〉タイフウ、taivno(タイウノ) シゲキ トコロ、または taiv(タイウ) ヲ シゲク サスル モノ」(出典:羅葡日辞書(1595))
    2. [その他の文献]〔春秋左伝‐隠公九年〕

ひため【大雨】

  1. 〘 名詞 〙ひちさめ(大雨)」の変化した語。
    1. [初出の実例]「復大雨(ひさめ)(〈別訓〉ヒタメ 私)、狭穂より、発(ふ)り来(き)て」(出典:日本書紀(720)垂仁五年一〇月(北野本訓))

ひ‐さめ【大雨】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ひちさめ」の変化した語。「ひっさめ」の促音の無表記形か ) =ひちさめ(大雨)
    1. [初出の実例]「大風甚雨(ヒサメ)に避らず」(出典:日本書紀(720)武烈八年三月(図書寮本訓))

ひち‐さめ【大雨】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ひち」は「ひつ(漬)」の連用形か。「ひぢさめ」とも ) びっしょり濡れる雨。おおあめ。また、冷たい雨。ひさめ。ひため。
    1. [初出の実例]「雷鳴り大雨(ヒチサメふ)る」(出典:日本書紀(720)崇峻即位前(図書寮本訓))

おお‐あめおほ‥【大雨】

  1. 〘 名詞 〙 ひどく大量に降る雨。豪雨。「大雨洪水注意報」
    1. [初出の実例]「おほあめのあした、宵はいかがと宮よりある御返事」(出典:和泉式部集(11C中)上)

ひじ‐さめひぢ‥【大雨】

  1. 〘 名詞 〙ひちさめ(大雨)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「大雨」の読み・字形・画数・意味

【大雨】たいう

豪雨。

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android