コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泌乳 ヒツニュウ

大辞林 第三版の解説

ひつにゅう【泌乳】

分娩後、泌乳刺激ホルモンが乳腺に作用して乳が分泌されること。また、その乳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の泌乳の言及

【哺乳】より

…またクジラ類の唇も動かすことができず,子は乳房をつついて出た乳を飲む。 哺乳には,まず泌乳すなわち乳腺から乳が出ることが前提だが,これの開始にはプロラクチン,副腎皮質刺激ホルモン,成長ホルモン,持続にはそのほかにオキシトシンといったホルモンが必要である。親の側の授乳行動は,ヒトを除けば,とくに手を貸すという要素はなく,子が吸乳できるようじっとしていることにつきる。…

※「泌乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泌乳の関連キーワードバイオテクノロジーホルスタイン[種]サルコキスティス黄体刺激ホルモン泌乳刺激ホルモントッゲンブルグブラウンスイスショートホーンルテオトロピン催乳ホルモンオキシトシンプロラクチンホルスタイン第四胃変位サポジラ品種改良ザーネンヨーネ病維持飼料能力検定

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android