コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳腺 にゅうせんmammary gland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳腺
にゅうせん
mammary gland

乳汁を分泌する器官。 15~20の乳腺葉に分けられ,各腺葉から1本の乳管乳頭に開口している。腺とこれに付属する乳頭,乳輪,表面の皮膚,乳腺周辺の脂肪や結合組織を一括して,乳房と呼ぶ。女性では思春期になると急速に乳房が発達する。妊娠すると2ヵ月頃から乳房全体がさらに発達し,乳輪は暗褐色となり,分娩後一定期間,乳腺から乳汁分泌がある。乳腺は人間の場合,通常1対であるが,腋窩から鼠径部にいたる線上に1~5対の副乳腺,副乳頭をみることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐せん【乳腺】

哺乳類(ほにゅうるい)に特有の乳汁を分泌する腺。雄では痕跡的で、雌に発達。乳房中にあり、汗腺の変化したもので、15~20の乳腺葉に分かれ、乳管によって乳頭に開口する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乳腺【にゅうせん】

哺乳(ほにゅう)類に特有の皮膚腺の一種で乳を分泌する。汗腺が変形したもの。カモノハシハリモグラなどの原始的な哺乳類以外は,乳頭が形成され,そこから乳が分泌され,幼児の哺乳に適した形になる。
→関連項目オキシトシン乳癌乳腺炎乳腺症魔乳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

乳腺

 乳汁を分泌する哺乳動物の腺.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうせん【乳腺 mammary gland】

哺乳類では,産み出された幼児はみずから食物をとるようになるまで,母親の乳milkで哺育される。この乳汁を分泌する哺乳類に特有の腺が乳腺である。皮膚腺の一種で,発生,構造とも汗腺に似ており,汗腺の変化したものとも考えられる。雄では痕跡的であるが,雌では性的成熟とともに発達し,さらに妊娠により著しく発達して乳の分泌が可能となり,新生児の哺育にあたる。最も原始的な哺乳類の単孔類のうち,カモノハシでは多数の乳腺が集合して平坦な皮膚面に直接開口し,ハリモグラでは生殖時期には開口部がややくぼみを生じ,乳囊mammary pouchを形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうせん【乳腺】

乳房の中にある外分泌腺。授乳期に乳汁を分泌する。ヒトでは結合組織により一五~二〇個の小葉に分けられ、各小葉から乳管が出て乳頭上に開口する。乳腺の発育と乳汁分泌は雌性ホルモンと脳下垂体前葉ホルモンに支配され、男性では分泌機能はない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳腺
にゅうせん

脊椎(せきつい)動物の哺乳(ほにゅう)類だけにある乳汁を分泌する腺。皮膚腺の一種で、汗腺から進化したものである。雌雄にあるが、発生の初期段階で雄胎児ではその精巣が分泌する雄性ホルモンによって発達を阻止され退化してしまう。多くの哺乳類の乳腺はちょうど木の枝のように乳管が分枝しており、根元が乳頭という隆起の上に開口している。最下等の哺乳類である単孔類のカモノハシの乳腺は体の左右に1対あって乳頭はなく、哺乳するとき雌親はあおむけに寝て、子は単純な穴からにじみ出る乳をなめる。同じ単孔類に属する他の動物の乳腺はややへこんだ乳嚢(にゅうのう)の中にあり、これがさらに発達したものが有袋類の育児嚢である。乳管の発達は雌性ホルモン、成長ホルモン、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンなどによるが、終胞という乳汁を生産する末端部の発達にはさらに泌乳刺激ホルモンが必要である。妊娠すると雌性ホルモンが多量に分泌されて乳腺は著しく発育し、分娩(ぶんべん)直後には泌乳刺激ホルモンが増え、その作用で乳汁の分泌がおこる。乳汁の射出は、子の乳頭に対する吸引刺激が中枢に伝わり、神経葉(よう)ホルモンのオキシトシンが分泌され、これが終胞の周りの筋肉を収縮させることによりおこる。[守 隆夫]

ヒトにおける乳腺

ヒトの場合、乳汁を分泌する皮膚腺の一種で、成熟女性に発達する。乳腺は、緻密(ちみつ)な結合組織と豊富な脂肪組織に包まれた乳腺葉の集合体である。乳腺葉は1個の乳房に15~20個あり、1個の乳腺葉からは1本の乳管が出ている。この乳管の太さは2~4ミリメートルで、各乳管は、紡錘状に広がった乳管洞を経て乳頭(乳首(ちくび))に開口する。乳管洞の直径は5~8ミリメートルである。乳腺葉はさらに乳腺小葉に分けられるが、乳腺小葉は複合胞状腺構造をもつ腺房から構成されている。腺房は腺房細胞の集合体である。この腺房は、未婚女性では腺房細胞が充満しているだけで小さく、腺腔(せんくう)も存在しないが、妊娠すると腺房細胞が大きくなり、腺房自体も肥大して腺房の中心に腺腔が広がる。妊娠7~8か月になると、腺房細胞体内に分泌顆粒(かりゅう)、脂肪小滴などがみられる。
 分娩(ぶんべん)直後の乳汁、つまり初乳は帯黄白色でタンパク質(ラクトプロテイン)に富み、多量の免疫グロブリンを含んでいる。また、妊娠末期には腺腔内にリンパ球、形質細胞などがみられ、その細胞体内には脂肪小球などが含まれている。これらを初乳小体とよぶ。しかし、産後数日たつと初乳小体も減り、脂質に富んだ乳の分泌となる。産後1か月後には乳汁の組成も一定となり、純白または淡青白色となる。腺房細胞はタンパク質と脂肪を分泌するが、乳汁の色とその成分も腺房細胞によって血液中の物質を基にして生産されたものである。乳腺の休止期には腺房は萎縮(いしゅく)し、乳腺小葉の間質結合組織が多くなる。老年期になると腺房は萎縮、消失し、結合組織にかわる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乳腺の言及

【乳房】より

…一般に未経産婦では乳房は円錐形に近く,乳頭が乳房の中央のあたりにあるが,経産婦では乳房が垂れ下がる傾向がある。
[乳腺mammary gland]
 乳房の主体をなす乳腺は,汗腺や脂腺のような皮膚腺の特殊化したものであって,皮下組織より深部には広がらない。乳房をつかんで動かしてみると,下層の胸の壁(大胸筋や肋骨)から離れて自由に動くのはこのためで,この滑動性が妨げられていれば乳癌の発生を疑わねばならない。…

【乳房】より

…哺乳類の乳腺を覆う膨らんだ部分で,その先端に乳頭papilla mammalがある。乳房はウシ,ヤギ,ヒツジなどの家畜では顕著であるが,野生の哺乳類では授乳期においてもあまり明らかでなく,乳頭によってその存在がわかる程度のものが多い。…

【皮膚】より

…真皮も膠原繊維束がさまざまな方向に交錯して走る厚くてじょうぶな層として発達し,その下には多量の脂肪を含む皮下組織が存在し,神経や血管の通路となっている。また,哺乳類では小汗腺,大汗腺,皮脂腺乳腺の四つの皮膚腺が出現する。小汗腺は全身に分布し,水分の多い分泌物を出して,毛とともに体温調節に重要な働きをする。…

※「乳腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

乳腺の関連キーワードジョン・C. ウォーレン脳下垂体前葉ホルモン思春期前女性化乳房マンモグラフィープロラクチン葉状嚢胞肉腫雌性ホルモン思春期乳腺炎クーパー靭帯乳腺嚢胞症慢性乳腺炎乳管拡張症外分泌腺多乳腺症乳腺結核乳腺外科授乳期乳がんうつ乳乳房炎

乳腺の関連情報