波の関(読み)なみのせき

精選版 日本国語大辞典「波の関」の解説

なみ【波】 の=関(せき)[=関戸(せきど)

のために往来が妨げられるのを関所にたとえていう語。
※堀河百首(1105‐06頃)雑「いとどしく都恋しき夕ぐれにの関もる須磨の浦風〈源俊頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android