泥鰌隠元(読み)ドジョウインゲン

デジタル大辞泉の解説

どじょう‐いんげん〔どぢやう‐〕【泥鰌隠元】

インゲンマメの一品種。蔓性(つるせい)で、若いさやを食用にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どじょういんげん【泥鰌隠元】

サヤインゲンの一種。さやが肉厚で柔らかく、若いときに採って食用とする。尺五寸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どじょう‐いんげん どぢゃう‥【泥鰌隠元】

〘名〙 インゲンマメ栽培品種。若莢を食用とする。つるは長く伸びる。莢はやや扁平で幅狭く、長く伸びて、種子のところがふくらみ、多少波状を呈する。種子はやや細長い腎臓形で、大きくない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android