コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞仙院 どうせんいん

朝日日本歴史人物事典の解説

洞仙院

生年:生没年不詳
室町時代,播磨・備前・美作の守護赤松政則の妻。政則は嘉吉の乱(1441)後,没落していた家運を再興したが,その跡を継いだ義村は老臣浦上氏に実権を握られ,洞仙院とも不和となった。そのため国中の政治は洞仙院と義村の室が執り行っていたとされる。<参考文献>田端泰子「戦国期女性の役割分担」(『日本女性生活史』2巻)

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android