生年(読み)せいねん

精選版 日本国語大辞典「生年」の解説

せい‐ねん【生年】

〘名〙
① 生まれた年。うまれどし。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「是は五十二で死んだものであるか或は生年(セイネン)が誤り伝へられたのであるか」
② 生まれてから経過した年数。年齢。また、一生の間。しょうねん。〔古詩十九首‐其十五〕

しょう‐ねん シャウ‥【生年】

〘名〙 生まれてから経過した年数。年齢。よわい。とし。せいねん。
※菅家文草(900頃)三・問藺笥翁「生年幾箇家安在。偏脚句瘻亦具陳」
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)上「菊亭殿御娘に、しゃうねん十八にならせ給ひしが」

なり‐どし【生年】

〘名〙 果実がよくなる年。また、年切(としぎり)の柿がよくなる年。
※俳諧・七番日記‐文化一五年(1818)一二月「庵の柿なり年もつもおかしさよ」

うまれ‐どし【生年】

〘名〙 生まれた年。せいねん。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉松茸「おかみさんは生(ウマ)れ年(ドシ)を隠してゐるのでございます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生年」の解説

しょう‐ねん〔シヤウ‐〕【生年】

生まれてから経過した年数。とし。齢。せいねん。「時に生年三五歳」

せい‐ねん【生年】

人の生まれた年。うまれどし。⇔没年
生まれてから経過した年月。しょうねん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android