生年(読み)せいねん

精選版 日本国語大辞典「生年」の解説

せい‐ねん【生年】

〘名〙
① 生まれた。うまれどし。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「是は五十二で死んだものであるか或は生年(セイネン)が誤り伝へられたのであるか」
② 生まれてから経過した年数。年齢。また、一生の間。しょうねん。〔古詩十九首‐其十五〕

しょう‐ねん シャウ‥【生年】

〘名〙 生まれてから経過した年数。年齢。よわい。とし。せいねん。
※菅家文草(900頃)三・問藺笥翁「生年幾箇家安在。偏脚句瘻亦具陳」
※仮名草子・恨の介(1609‐17頃)上「菊亭殿御娘に、しゃうねん十八にならせ給ひしが」

なり‐どし【生年】

〘名〙 果実がよくなる年。また、年切(としぎり)がよくなる年。
※俳諧・七番日記‐文化一五年(1818)一二月「庵の柿なり年もつもおかしさよ」

うまれ‐どし【生年】

〘名〙 生まれた年。せいねん。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉松茸「おかみさんは生(ウマ)れ年(ドシ)を隠してゐるのでございます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生年」の解説

せい‐ねん【生年】

人の生まれた年。うまれどし。⇔没年
生まれてから経過した年月。しょうねん。

しょう‐ねん〔シヤウ‐〕【生年】

生まれてから経過した年数。とし。年齢。せいねん。「時に生年三五歳」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「生年」の解説

【生年】せいねん・しよう(しやう)ねん

生まれた年。また、生きているうち。潘岳永逝を哀しむ文〕日は長くして、生年は淺く、憂患(おほ)くして、樂は尠(すく)なし。

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android