コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉吉 カキツ

デジタル大辞泉の解説

かきつ【嘉吉】

室町中期、後花園天皇の時の年号。1441年2月17日~1444年2月5日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきつ【嘉吉】

年号(1441.2.17~1444.2.5)。永享の後、文安の前。後花園天皇の代。かきち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かきつ【嘉吉】

日本の元号(年号)。室町時代の1441年から1444年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は永享(えいきょう)。次元号は文安(ぶんあん)。1441年(永享13)2月17日改元。1441年は天命が改まる(王朝が交代する)革命の年とされる辛酉(しんゆう)にあたることから改元が行われた(革年改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。嘉吉年間の室町幕府の将軍は足利義教(よしのり)(6代)、足利義勝(よしかつ)(7代)。下総の結城氏朝(うじとも)・結城持朝(もちとも)父子らが幕府に反旗を翻した結城合戦は、1441年(嘉吉1)、結城城の落城と氏朝・持朝父子らの自害で終結した。同年、播磨国守護の赤松満祐(みつすけ)は、結城合戦の戦勝を祝うとして将軍義教を自邸に招いて謀殺し、領国に逃亡。満祐はその後、幕府の追悼軍に敗れ自害した(嘉吉の乱)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

嘉吉の関連キーワード堆朱楊成(2代)嘉吉の徳政一揆嘉吉の土一揆小笠原長朝小笠原政康花山院持忠公顕(2)足利治乱記六蔵亭守冬嘉吉の徳政佐々木持清赤松政則観心女王性恵女王赤松則繁結城氏朝禁闕の変今川範忠二条政嗣細川持之

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉吉の関連情報