嘉吉(読み)カキツ

大辞林 第三版の解説

かきつ【嘉吉】

年号(1441.2.17~1444.2.5)。永享の後、文安の前。後花園天皇の代。かきち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かきつ【嘉吉】

日本の元号(年号)。室町時代の1441年から1444年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は永享(えいきょう)。次元号は文安(ぶんあん)。1441年(永享13)2月17日改元。1441年は天命が改まる(王朝が交代する)革命の年とされる辛酉(しんゆう)にあたることから改元が行われた(革年改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。嘉吉年間の室町幕府の将軍は足利義教(よしのり)(6代)、足利義勝(よしかつ)(7代)。下総の結城氏朝(うじとも)・結城持朝(もちとも)父子らが幕府に反旗を翻した結城合戦は、1441年(嘉吉1)、結城城の落城と氏朝・持朝父子らの自害で終結した。同年、播磨国守護の赤松満祐(みつすけ)は、結城合戦の戦勝を祝うとして将軍義教を自邸に招いて謀殺し、領国に逃亡。満祐はその後、幕府の追悼軍に敗れ自害した(嘉吉の乱)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かきつ【嘉吉】

室町時代、後花園天皇の代の年号。永享一三年(一四四一)二月一七日、革命により改元。同四年に文安と改元。出典は「周易」の「孚于嘉吉、位正中也」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉吉の関連情報