コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽富士見湖 ツガルフジミコ

デジタル大辞泉の解説

つがるふじみ‐こ【津軽富士見湖】

青森県西部、岩木山麓北東にある人造湖。正称は廻堰(まわりぜき)大溜池で、江戸時代前期に農業用の溜池として造られたもの。岩木山(津軽富士)の見晴らしがよいため、この名がついた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の津軽富士見湖の言及

【鶴田[町]】より

…岩木山麓にある廻堰(まわりぜき)大溜池は,津軽藩4代藩主信政が灌漑用として1660年(万治3)から6年がかりで築堤したもので,1947年以降国営の改修工事が行われた。津軽富士見湖とも呼ばれ,周辺には鶴田温泉(含食塩重曹泉,34℃)も掘削されて新しい観光地となっている。【佐藤 裕治】。…

※「津軽富士見湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津軽富士見湖の関連キーワード青森県北津軽郡鶴田町鶴田(町)鶴の舞橋鶴田町

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android