コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽打刃物

デジタル大辞泉プラスの解説

津軽打刃物

青森県弘前市で生産される打刃物。県の伝統工芸品に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽打刃物[金工]
つがるうちはもの

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。津軽では古くから藩政時代から農具や包丁・鋏などが生産されていた。現在も伝統的な火造り、泥塗りなどの焼き入れ技術で、優れた切れ味をもち耐久性に富んだ刃物が生み出されている。青森県はりんごの産地であるため、剪定鋏の需要も多い。2008(平成20)年、新しい世代に伝統刃物の良さを伝えるため、職人たちが「▼情張鍛人▲じょっぱりかぬち▼」プロジェクトを開始。情張とは、津軽弁で頑固者の意。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

津軽打刃物の関連キーワード青森県弘前市東北地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android