コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津金孝邦 つがね よしくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津金孝邦 つがね-よしくに

1929- 昭和後期-平成時代の書家。
昭和4年6月25日生まれ。書を父津金寉仙(かくせん)にまなぶ。昭和51年昭和女子大教授となり,56年日大教授。平成13年書「森鴎外の詩」で芸術院恩賜賞。18年全国書美術振興会理事長,日展理事などをつとめる。長野県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津金孝邦の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android