コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣浩 いながきひろし

7件 の用語解説(稲垣浩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲垣浩
いながきひろし

[生]1905.12.30. 東京
[没]1980.5.21. 東京
映画監督。新派の俳優であったが,のちに映画界に入り,1928年片岡千恵蔵プロの『天下太平記』で監督となる。以来抒情性豊かな時代劇を数多く手がける。 1954年から三船敏郎主演の『宮本武蔵シリーズを撮り,1作目がアカデミー名誉賞 (最優秀外国語映画) 受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いながき‐ひろし【稲垣浩】

[1905~1980]映画監督。東京の生まれ。本名、浩二郎。舞台俳優、映画俳優を経て映画監督となり、痛快な時代劇を次々と手がけた。昭和33年(1958)「無法松の一生」のリメーク版で、ベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を受賞。代表作「宮本武蔵」シリーズ、「手をつなぐ子等」「忘れられた子等」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

稲垣浩【いながきひろし】

映画監督。本名浩二郎。東京生れ。1928年片岡千恵蔵プロダクションの監督となり,〈髷をつけた現代劇〉を提唱して,伊丹万作山中貞雄らとともに昭和初期の日本映画に新風をもたらした。
→関連項目長門裕之阪東妻三郎三船敏郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣浩 いながき-ひろし

1905-1980 昭和時代の映画監督。
明治38年12月30日生まれ。大正11年日活俳優部にはいったが,監督に転向。昭和3年片岡千恵蔵プロの結成に参加し「天下太平記」を監督。29年の「宮本武蔵」はアカデミー賞外国映画賞を受賞。18年の監督作品「無法松の一生」を33年に再映画化し,ベネチア映画祭グランプリをうけた。昭和55年5月21日死去。74歳。東京出身。本名は浩二郎。作品はほかに「海を渡る祭礼」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いながきひろし【稲垣浩】

1905‐80(明治38‐昭和55)
映画監督。時代劇と現代劇が明確に区分されていた昭和初年の日本映画に,〈髷をつけた現代劇〉を提唱,伊丹万作山中貞雄らとともに新風を吹き込んだ。東京生れ。父は新劇俳優。本名は稲垣浩二郎。伊藤大輔衣笠貞之助助監督を経て,伊藤の推薦により1928年に創設された〈千恵プロ(片岡千恵蔵プロダクション)〉に監督として入り,伊丹万作のオリジナルシナリオによる《天下太平記》(1928)を監督第1作として発表。続けて伊丹脚本による《放浪三昧》《源氏小僧》(ともに1928),《絵本武者修業》(1929)等々の秀作を放ち,その後監督となった伊丹とともに〈千恵プロ〉を支える二本柱となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いながきひろし【稲垣浩】

1905~1980) 映画監督。東京生まれ。1930年代の現代感覚に溢れた明朗時代劇で注目され,戦後まで活躍した。ほかに「無法松の一生」「手をつなぐ子等」「宮本武蔵」シリーズなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲垣浩
いながきひろし
(1905―1980)

映画監督。東京生まれ。父が新派の俳優であったため、幼時から舞台に出演していた。1922年(大正11)日活向島の俳優部に入社したが、のち監督に転じ、片岡千恵蔵プロの『天下太平記』(1928)を発表。以後『瞼(まぶた)の母』『一本刀土俵入』(ともに1931)、『弥太郎笠(やたろうがさ)』(1932)など、叙情味あふれる作品をつくり、トーキー以後も日活と東宝の「宮本武蔵(むさし)」シリーズなどで時代劇映画の代表的作家となる。また現代劇にも手を染め、秀作『無法松の一生』(1943)、第二次世界大戦後は『手をつなぐ子等(ら)』(1948)、『忘れられた子等』(1949)などの佳作を発表。1958年(昭和33)再映画化の『無法松の一生』で、ベネチア国際映画祭グランプリを受賞した。[長崎 一]

資料 監督作品一覧

天下太平記(1928)
放浪三昧(1928)
源氏小僧(1928)
銀猫左門(しろがねねこざえもん)(1928)
めくら蜘蛛(ぐも)(1929)
続万花地獄 第二篇(1929)
続万花地獄 完結篇(1929)
鴛鴦(おしどり)旅日記(1929)
相馬大作 武道活殺の巻(1929)
絵本武者修業(1929)
殺した人(1929)
鮫鞘(さめざや)(1929)
渦潮(1930)
諧謔(ナンセンス)三浪士(1930)
一心太助(1930)
恩愛五十両(1931)
瞼の母(1931)
元禄十三年(1931)
男達ばやり(1931)
一本刀土俵入(1931)
弥太郎笠 去来の巻(1932)
弥太郎笠 独歩の巻(1932)
旅は青空(1932)
時代の驕児(きょうじ)(1932)
国定忠治 旅と故郷の巻(1933)
国定忠治 流浪転変の巻(1933)
国定忠治 霽(は)れる赤城の巻(1933)
笹野権三郎 三日月笹穂切り(1933)
風雲 前篇(1933)
風雲 後篇(1934)
直八子供旅(1934)
天保忠臣蔵(1934)
新選組 前後篇(1934)
利根の川霧(1935)
富士の白雪(1935)
関の弥太ッぺ(1935)
千両礫(つぶて)(1935)
大菩薩(ぼさつ)峠 第一篇 甲源一刀流の巻(1935)
大菩薩峠 鈴鹿山の巻・壬生(みぶ)島原の巻(1936)
股旅千一夜(1936)
小市丹兵衛 追いつ追はれつの巻(1937)
曠原(こうげん)の魂(1937)
飛竜の剣(1937)
血煙高田の馬場(1937)
無法者銀平(1938)
出世太閤記(たいこうき)(1938)
闇の影法師(1938)
地獄の蟲(むし)(1938)
魔像(1938)
続魔像 茨右近(1939)
袈裟(けさ)と盛遠(もりとお)(1939)
尊王村塾(1939)
宮本武蔵 第一部 草分の人々・第二部 栄達の門(1940)
宮本武蔵 剣心一路(1940)
海を渡る祭礼(1941)
江戸最後の日(1941)
宮本武蔵 一乗寺決闘(1942)
独眼龍政宗(1942)
無法松の一生(1943)
狼火は上海に揚る 春江遺恨(1944)
東海水滸(すいこ)伝(1945)
最後の攘夷(じょうい)党(1945)
おかぐら兄弟(1946)
壮士劇場(1947)
こころ月の如く(1947)
手をつなぐ子等(1948)
黒馬の団七(1948)
白頭巾現わる(1949)
忘れられた子等(1949)
俺は用心棒(1950)
群盗南蛮船(1950)
佐々木小次郎(1950)
続佐々木小次郎(1951)
海賊船(1951)
完結 佐々木小次郎 巌流島決闘(1951)
稲妻草紙(1951)
戦国無頼(1952)
上海の女(1952)
風雲千両船(1952)
旅はそよ風(1953)
お祭半次郎(1953)
宮本武蔵(1954)
続宮本武蔵 一乗寺の決闘(1955)
旅路(1955)
宮本武蔵 決闘巌流島(1956)
囚人船(1956)
嵐(1956)
柳生(やぎゅう)武芸帳(1957)
太夫さんより 女体は哀しく(1957)
柳生武芸帳 双龍秘劔(ひけん)(1958)
無法松の一生(1958)
旅姿鼠小僧(1958)
或る剣豪の生涯(1959)
日本誕生(1959)
ふんどし医者(1960)
大阪城物語(1961)
ゲンと不動明王(1961)
野盗風の中を走る(1961)
どぶろくの辰(1962)
忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962)
秘剣(1963)
士魂魔道 大龍巻(1964)
がらくた(1964)
暴れ豪右衛門(1966)
佐々木小次郎(1967)
風林火山(1969)
待ち伏せ(1970)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の稲垣浩の言及

【伊丹万作】より

…映画監督。〈髷をつけた現代劇〉を提唱した稲垣浩とともに,サイレント末期からトーキー初期にかけて〈千恵蔵映画〉(片岡千恵蔵主演のコミカルな味わいをもった現代語セリフの時代劇)を世に送って〈時代劇〉に新生面を開いた。10年間に22本の映画を撮ったが,すべて自作のシナリオによる。…

【片岡千恵蔵】より

…その後,直木三十五から牧野省三に紹介され,27年,マキノ・プロに入社,片岡千恵蔵の名のもとに連続時代劇《万花地獄》で本格的に映画界へデビュー,時代劇スターとして脚光を浴びるが,28年,マキノを退社,片岡千恵蔵プロダクション(千恵プロ)を発足させた。最初の作品《天下太平記》は,脚本伊丹万作,監督稲垣浩で,ともに伊藤大輔から紹介された無名の新人である。当時,悲壮美をうたった時代劇が多い中,活気あふるる明朗時代劇として輝き,29年,千恵プロは京都嵯峨野にみずからのスタジオを設立,はなばなしい活躍期に入った。…

【時代劇映画】より


[小市民映画と鳴滝組]
 世界大恐慌による不景気,戦争への歩みといった暗い世相の中,映画はサイレントからトーキーへと移り変わり,一方に検閲の強化もあって,時代劇は大きく変貌していく。その渦の一つの中心となったのは片岡千恵蔵プロダクションで,伊丹万作監督が《逃げ行く小伝次》《花火》などを経て,ほんものの剣聖がにせものに敗れるという話の《国士無双》(1932)で諧謔(かいぎやく)と風刺の精神を明朗かつ知的に打ち出し,《闇討渡世》(1932)では同じ姿勢で平手造酒の孤独を描いて,伊達騒動を背景にした《赤西蠣太》(1936)でその知的散文精神に基づく映画づくりを完成させる一方,稲垣浩監督《瞼の母》《一本刀土俵入り》(ともに1931),《弥太郎笠》(1932)などが,哀愁と明朗さに満ちた股旅もの映画のスタイルをつくり出した。いずれも片岡千恵蔵主演作品である。…

【大菩薩峠】より

…【尾崎 秀樹】
[映画]
 妖剣をふるう盲目の剣客机竜之助の特異な人物像,彼をめぐる多彩な登場人物の流転,波瀾万丈の筋立てなど,あらゆる点で時代劇映画の魅惑をそなえているところから,《大菩薩峠》はこれまでに5度も(本数にして12本)映画化されている。 最初の映画化は日活の《大菩薩峠》二部作(1935‐36)で,監督は稲垣浩(第1部には山中貞雄と荒井良平が応援監督),机竜之助には大河内伝次郎,お浜には入江たか子が扮した。第2回は東映の《大菩薩峠》三部作(1953)で,監督は渡辺邦男,机竜之助を片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を三浦光子が演じた。…

【鳴滝組】より

…昭和10年前後(1934‐37ころ)に京都の鳴滝の住人だった映画監督,脚本家のグループの名称。山中貞雄稲垣浩,滝沢英輔,荒井良平,土肥正幹,三村伸太郎,八尋不二,藤井滋司の8人が〈梶原金八〉というペンネームで新しい自由な映画づくりをめざしてシナリオの合作や共同製作を行った。その意味では戦後のフランスの〈ヌーベル・バーグ〉,とくに映画研究誌《カイエ・デュ・シネマ》の批評家出身のグループに似た存在であったかと思われる。…

【瞼の母】より

…新派,新国劇,また旅回りの劇団などによっても盛んに演じられ,映画化もされている。【矢野 誠一】
[映画]
 最初の映画化は原作が発表された翌年の1931年に作られた無声映画で,監督はこれ以後〈股旅映画の名匠〉と評されるに至る稲垣浩。片岡千恵蔵による番場の忠太郎,常盤操子のおはま(実母)で,またおはまの娘役として当時14歳の山田五十鈴が出演。…

【宮本武蔵】より

…同じ年に大都映画で水島道太郎が武蔵を演じ,次いで,日活で尾崎純が監督,片岡千恵蔵の武蔵,轟夕起子のお通による《宮本武蔵》(1937)が人気を呼び,そして同じ年にJOスタジオで黒川弥太郎主演の《宮本武蔵・風の巻》(1937)がつくられる。また,新興キネマでは森一生監督,大谷日出夫主演による《宮本武蔵》(1939)がつくられるが,〈吉川武蔵〉の名声を一躍高からしめたのは,日活で稲垣浩が監督した三部作《宮本武蔵・第一部》《同・第二部》《同・完結剣心一路》(1940‐41)であり,片岡千恵蔵が武蔵を,宮城千賀子がお通を演じた。1942年には大都映画で近衛十四郎が武蔵を演じた佐伯幸三監督の〈快作〉として知られる《決戦般若坂》があるが,戦前・戦中の《宮本武蔵》のイメージを一身に背負ったのは片岡千恵蔵であり,43年に大日本映画製作株式会社(のちの大映)で伊藤大輔が監督した二部作《二刀流開眼》《決闘般若坂》でも武蔵を演じ,完全な当り役になった。…

【無法松の一生】より

…1943年製作の日本映画。稲垣浩監督作品。原作は岩下俊作の《富島松五郎伝》(1939)で,脚本は伊丹万作。…

※「稲垣浩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稲垣浩の関連キーワード映画監督近代劇現代劇時代劇映画旧劇古典劇時代劇区分所有大映[株]東映[株]

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲垣浩の関連情報