コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れを汲む ナガレヲクム

デジタル大辞泉の解説

流(なが)れを汲(く)・む

その系統や流派を受け継ぐ。その系譜に連なる。「源氏の―・む」「象徴派の―・む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながれをくむ【流れを汲む】

その系譜や流派に連なる。その系統に属する。 「ロマン派の-・む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流れを汲むの関連キーワードカラヤン記念聖霊降臨祭音楽祭レオン ブランシュビク放送倫理・番組向上機構コーキー コーコラン東郷文弥節人形浄瑠璃隠岐国分寺蓮華会舞ジョニー コールズterminfoコスケンニエミリー コリンズ日州透かし象嵌十津川の大踊I. イズーチェコ兄弟団たくらみと恋菊摩呂こけし山村流ツネ派井上バレエ団ガーランドシュミット

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流れを汲むの関連情報