コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流派 リュウハ

大辞林 第三版の解説

りゅうは【流派】

と派をあわせた称。一般に流は上位分類、派はその下位分類とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の流派の言及

【武道】より

…とくに鎌倉時代以降,武士の台頭と戦争体験は,武術を大いに発展させた。弓馬剣槍などがその中心的なもので,戦国時代から近世にかけて,技や教習の体系が徐々に考案され,〈流派〉という教習の形態を生んだ。流派が成立する条件としては,社会的・文化的背景とともに,天才的な能力を持った達人の出現,技法が非常に高度なもので習得するのに専門的な指導と長時間の学習の継続が必要であること,技とその教習の体系および伝授の形式をもっていること,などが考えられる。…

※「流派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

流派の関連キーワード小野派一刀流エコールシューレ他流試合下位分類志賀山流飛鳥井流利休流楠木流大坪流琴古流恵心派派分け画派立派宗派旧流他門各派千家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流派の関連情報