流派(読み)リュウハ

大辞林 第三版の解説

りゅうは【流派】

と派をあわせた称。一般に流は上位分類、派はその下位分類とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りゅう‐は リウ‥【流派】

〘名〙 れのすじ。また、流儀のわかれ。芸術・芸能・武道などの上で、流儀・主義などの相違によって生じたそれぞれの系統。〔書言字考節用集(1717)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「人情本作者はみな此流(リウハ)の者なるべし」 〔張文琮‐詠水詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の流派の言及

【武道】より

…とくに鎌倉時代以降,武士の台頭と戦争体験は,武術を大いに発展させた。弓馬剣槍などがその中心的なもので,戦国時代から近世にかけて,技や教習の体系が徐々に考案され,〈流派〉という教習の形態を生んだ。流派が成立する条件としては,社会的・文化的背景とともに,天才的な能力を持った達人の出現,技法が非常に高度なもので習得するのに専門的な指導と長時間の学習の継続が必要であること,技とその教習の体系および伝授の形式をもっていること,などが考えられる。…

※「流派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流派の関連情報