象徴派(読み)しょうちょうは

精選版 日本国語大辞典「象徴派」の解説

しょうちょう‐は シャウチョウ‥【象徴派】

〘名〙 (symbolistes の訳語) 芸術活動の表現に象徴を重視する一派。自然主義や高踏派の客観主義に対立して主観的表現を重んじ、情調を象徴化することを旨とした。一九世紀末のフランスでボードレールを先駆とし、マラルメやベルレーヌを中心として起こり、ランボー、バレリー、クローデルらが継承。また、ドイツのゲオルゲ、リルケ、ホーフマンスタール、アイルランドのイエーツ、ベルギーのロデンバック、メーテルランク、ベルハーレンらに、その顕著な影響が見られる。日本では、明治三〇年代末期に上田敏により翻訳、紹介され、以降、大正時代にかけて、蒲原有明、三木露風、北原白秋、日夏耿之介らの詩にこの傾向が見られる。サンボリスト。
※審美新説(1898‐99)〈森鴎外〉自然主義「所謂紀季(Fin de siècle)を口にし、象徴派(Symbolists, Décadents)と称するものは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「象徴派」の解説

しょうちょう‐は〔シヤウチヨウ‐〕【象徴派】

《〈フランス〉symbolistes象徴主義に属する詩人一派言語のもつ音楽的・映像的な側面に着目し、直接にはつかみにくい想念の世界を暗示的に表現しようとした。ボードレールを先駆者とし、マラルメベルレーヌランボーらが継承。日本には上田敏訳詩によって紹介され、蒲原有明(かんばらありあけ)北原白秋三木露風萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らに影響を与えた。サンボリスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android