コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動性預金 りゅうどうせいよきん

2件 の用語解説(流動性預金の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

流動性預金

預金者が自由にいつでも引き出せる預金のこと。普通預金当座預金などがこれにあたる。2005年4月からは流動性預金についてもペイオフ制度が適用されているが、利息のつかない決済用預金は全額保護される仕組みになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流動性預金
りゅうどうせいよきん
liquid deposit; floating deposit

預け入れ期間を固定せず,必要に応じていつでも払出すことのできる形で保有している預金で,当座預金や普通預金のような要求払預金がその代表的なものである。日本ではこのほか通知預金別段預金をも含めて流動性預金というのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の流動性預金の言及

【要求払預金】より

…金融機関に預けられた預金のうち,預金者の請求がありしだい支払われなければならないものの総称。流動性預金とも呼ばれ,一定期間の据置きが原則となる定期性預金(定期預金)に対応するもの。当座預金,普通預金,納税準備預金,別段預金のほか,据置期間が7日と短い通知預金も通常これに含まれる。…

【預金】より

…これに対し,定期性預金(固定性預金)とは,一定の期限を経過しなければ支払を受けることのできない預金をいい,定期預金,定期積金がこれに入る。定期性預金(固定性預金)に対する慣用語として,当座預金,普通預金,通知預金,納税準備預金,別段預金を総称して,流動性預金と呼んでいる。 銀行に預け入れられた預金は,実際には一時に全額払い出されるわけではなく,銀行は一定額を支払準備(支払準備率)として手もとにおき,残額を貸出しや有価証券投資に振り向けることができる。…

※「流動性預金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

流動性預金の関連キーワード自由満期型定期預金預け入れる機動力配車配船船繰り砂箱通年議会持札遊軍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流動性預金の関連情報