浅田 長平(読み)アサダ チョウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

浅田 長平
アサダ チョウヘイ

大正・昭和期の実業家,技術者 神戸製鋼所社長。



生年
明治20(1887)年4月15日

没年
昭和45(1970)年10月21日

出生地
大阪府堺市

学歴〔年〕
京都帝国大学理工科大学採鉱冶金科〔明治44年〕卒

経歴
明治44年合名会社鈴木商店に入り、神戸製鋼所勤務、昭和4年取締役となり、常務、専務の後20年社長となった。21年公職追放で辞め25年解除と共に復帰、相談役となり27年社長に再任。33年会長、40年から相談役。技術向上に尽力、神戸製鋼を国際的な会社に育てた。インド鉄鋼石長期開発調査団団長として渡印するなど国際的にも活躍。神戸商事、日本鉄鋼協会各会長、経団連理事、神戸商工会議所会頭、神戸市教育委員なども歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

浅田 長平 (あさだ ちょうへい)

生年月日:1887年4月15日
大正時代;昭和時代の実業家;技術者。神戸製鋼所社長
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android