復帰(読み)ふっき

精選版 日本国語大辞典「復帰」の解説

ふっ‐き フク‥【復帰】

〘名〙 もとの位置、状態にかえること。もとどおりになること。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)雋疏于薛平彭第四一「病のいゆるを待て復帰するぞ」 〔書経‐太甲序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「復帰」の解説

ふっ‐き〔フク‐〕【復帰】

[名](スル)もとの置・状態などに戻ること。「病気が全快して職場に復帰する」
[類語]カムバック再起返り咲き復職帰任復活蘇生再生起死回生更生回復回天蘇る生き返る再興中興復興復旧復元還元復調リバイバル返り咲く息を吹き返す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「復帰」の解説

【復帰】ふつき

もとに戻る。〔左伝、成十八年〕の國を去り、國(むか)へて之れを立つるを入ると曰ふ。其の位に復するを復歸と曰ふ。

字通「復」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「復帰」の解説

復帰

CR」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android