専務(読み)せんむ

精選版 日本国語大辞典「専務」の解説

せん‐む【専務】

〘名〙
① もっぱら行なうべきつとめ。専一のつとめ。また、主としてその事務にあたること。
※政談(1727頃)三「主意を違はず能く聞届け、附添なく、おとしなくに申達すること専務なるべし」 〔史記‐秦始皇紀〕
※家族会議(1935)〈横光利一〉「僕もいつの間にやら、専務にされてしもた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専務」の解説

せん‐む【専務】

もっぱら行うべき務め。また、もっぱらその務めに当たること。「専務車掌」
専務取締役」の略。
[類語]社長常務部長課長係長平社員

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「専務」の解説

【専務】せんむ

専任

字通「専」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android