コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅葱幕 アサギマク

3件 の用語解説(浅葱幕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさぎ‐まく【浅×葱幕】

歌舞伎に用いる浅葱色の無地の幕。引き幕の内側につる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅葱幕【あさぎまく】

歌舞伎劇で使われる幕の一種。日中の戸外を表現するもので浅葱すなわち水色の幕。ふつう開幕の際,引幕の後ろにこの幕を張り,天井からつった竹の栓(せん)の仕掛で適当な時機に切って落とし,舞台装置や俳優の姿を一瞬のうちに観客の目に映す効果をあげる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

あさぎまく【浅葱幕】

歌舞伎の大道具。浅葱色無地の木綿幕。昼を表す背景として用いるほか、口上・大薩摩などのあとで振り落として一瞬のうちに舞台面を変えたり、引き幕や暗転などを用いず舞台転換をする場合に、舞台を隠すのにも用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浅葱幕の言及

【歌舞伎】より

… 振落し(ふりおとし)瞬時に幕を上部から落とす手法。浅葱幕,黒幕などを〈振竹(ふりだけ)〉に吊り,仕掛けでパラリと落とすことにより,次の舞台面を印象づける。 幕外(まくそと)幕切れに,幕を引いた外側,おもに花道でさらに演技が続く状態をいう。…

※「浅葱幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浅葱幕の関連キーワード阿国歌舞伎道具幕遊女歌舞伎片幕歌舞伎狂言歌舞伎劇歌舞伎子歌舞伎役者番立歌舞伎踊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone