無地(読み)ムジ

  • むじ ‥ヂ
  • むじ〔ヂ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 土地がないこと。土地を持たないこと。
※市島謙吉氏所蔵文書‐承平二年(932)九月二二日・丹波国牒「件郷本自無地、百姓口分班給在地郷々」
② (形動) 全体が同じ色で模様がないこと。また、そのものやそのさま。無紋。⇔柄物
※日葡辞書(1603‐04)「Mugi(ムヂ)。または、mugina(ムヂナ)。ヂ ナシ〈訳〉浮彫りも刳形(くりがた)の装飾も施していない金属、金など」
③ (「色模様がない」を芸だけで情事がないの意にかけて) 芸者をいう。
※洒落本・三都仮名話(1781)「無字と言名は名乗れども元来白地は壱人もなし」
④ (酒飲みの下地(したじ)がないの意。一説に「むじ(無地)(二)」の意で「むじ飲めぬ」の略とも) 酒が飲めないこと。また、その人。下戸(げこ)
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「旦那ア無地(ムヂ)だが、わっちゃア呑やす」
[2] 〘副〙 (打消表現を伴って用いる) まったく。一向に。
※雑俳・桜の実(1767)一四「鳴く声はぬゑ本名はむじ知れず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無地の関連情報