コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅葱 アサギ

4件 の用語解説(浅葱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさ‐ぎ【浅×葱】

《薄いネギの葉の色の意。「葱」を「黄」と混同して「浅黄」とも書く》
緑がかった薄い藍色(あいいろ)。
《着用する袍(ほう)の色が浅葱であるところから》六位の人の称。
浅葱裏(あさぎうら)」の略。
浅葱幕(あさぎまく)」の略。

あさ‐つき【浅×葱/糸葱】

ユリ科の多年草。地下茎はラッキョウに似る。葉は淡緑色の筒状でネギに似る。食用として栽培。せんぼんわけぎ。せんぶき。 春》「―よ香をなつかしみ妹が里/紫里」
葉ネギを若いうちに収穫したもの。小葱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさぎ【浅葱】

〔「葱」はネギの古名。薄い葱の葉の色の意。「浅黄」は当て字〕
わずかに緑色を帯びた薄い青。また、青みをおびた薄い緑色。あさぎ色。 「 -袴ばかま」 「 -帽子ぼうし
(着ている袍ほうの色が浅葱であるところから)六位。
「浅葱裏」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅葱
あさぎ

薄い葱(ねぎ)の色という意味であるが、実際には薄青、薄藍(あい)、薄緑、水色などをさす。日本語の色の称呼では、青(blue)と緑(green)が「あお」に一括され、はっきりしないことが多く、この薄青を浅緑(あさみどり)ということもある。平安時代から用いられた色名で、服制上では六位以下の袍(ほう)の色であるところから、六位の袍または六位の官人を浅葱といったこともある。江戸時代には田舎(いなか)侍が、小袖(こそで)の裏に浅葱木綿をつけたことから、これに対する一種の蔑称(べっしょう)として浅葱裏、または浅葱などともいった。慣用では浅黄と書かれることが多いが浅黄(うすき)(浅い黄色)の意味ではない。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅葱の関連キーワード裏葉色シダーグリーン薄鈍白葱根深葱葉葱万能葱萌葱愛知の新たまねぎの日

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅葱の関連情報