コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅葱 アサギ

デジタル大辞泉の解説

あさ‐ぎ【浅×葱】

《薄いネギの葉の色の意。「葱」を「黄」と混同して「浅黄」とも書く》
緑がかった薄い藍色(あいいろ)。
《着用する袍(ほう)の色が浅葱であるところから》六位の人の称。
浅葱裏(あさぎうら)」の略。
浅葱幕(あさぎまく)」の略。

あさ‐つき【浅×葱/糸葱】

ユリ科の多年草。地下茎はラッキョウに似る。葉は淡緑色の筒状でネギに似る。食用として栽培。せんぼんわけぎ。せんぶき。 春》「―よ香をなつかしみ妹が里/紫里」
葉ネギを若いうちに収穫したもの。小葱。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさぎ【浅葱】

〔「葱」はネギの古名。薄い葱の葉の色の意。「浅黄」は当て字〕
わずかに緑色を帯びた薄い青。また、青みをおびた薄い緑色。あさぎ色。 「 -袴ばかま」 「 -帽子ぼうし
(着ている袍ほうの色が浅葱であるところから)六位。
「浅葱裏」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅葱
あさぎ

薄い葱(ねぎ)の色という意味であるが、実際には薄青、薄藍(あい)、薄緑、水色などをさす。日本語の色の称呼では、青(blue)と緑(green)が「あお」に一括され、はっきりしないことが多く、この薄青を浅緑(あさみどり)ということもある。平安時代から用いられた色名で、服制上では六位以下の袍(ほう)の色であるところから、六位の袍または六位の官人を浅葱といったこともある。江戸時代には田舎(いなか)侍が、小袖(こそで)の裏に浅葱木綿をつけたことから、これに対する一種の蔑称(べっしょう)として浅葱裏、または浅葱などともいった。慣用では浅黄と書かれることが多いが浅黄(うすき)(浅い黄色)の意味ではない。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅葱の関連情報