コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦廻/浦回 ウラミ

デジタル大辞泉の解説

うら‐み【浦×廻/浦回】

《「み」は動詞「み(廻)る」の連用形から。曲がりめぐること、また、そのようになっている地形》
舟で浦を漕ぎ巡っていくこと。
「藤波を仮廬(かりほ)に造り―する人とは知らに海人(あま)とか見らむ」〈・四二〇二〉
海岸の湾曲した所。うらわ。うらま。
「大和路の島の―に寄する波間(あひだ)もなけむ我(あ)が恋ひまくは」〈・五五一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浦廻/浦回の関連キーワード浦廻船(浦回船)奈呉ノ浦岡本真古大和路岩注く秋風の志賀浦石見潟万葉集ツツジ茂し頻く風早浦曲水夫かも東風