コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦廻/浦回 ウラミ

1件 の用語解説(浦廻/浦回の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐み【浦×廻/浦回】

《「み」は動詞「み(廻)る」の連用形から。曲がりめぐること、また、そのようになっている地形》
舟で浦を漕ぎ巡っていくこと。
「藤波を仮廬(かりほ)に造り―する人とは知らに海人(あま)とか見らむ」〈・四二〇二〉
海岸の湾曲した所。うらわ。うらま。
「大和路の島の―に寄する波間(あひだ)もなけむ我(あ)が恋ひまくは」〈・五五一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浦廻/浦回の関連キーワード漁り止しなさります温み磯廻老い次交い隈廻綜麻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone