浮き身(読み)うきみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮き身
うきみ

支持物に頼ることなく,体の浮力を利用して水面に浮いて静止する泳法。日本泳法の一つで,他の泳ぎの「動」に対して「静」の泳ぎとして重視される。浮き方には,顔を水面につけて浮く伏せ浮き,顔を水面上に出してあおむけに浮く背浮き,立ったままの姿勢の立ち浮き,横体の横浮き,初心者用のくらげ浮き (上体を前屈させ,膝を曲げて浮く) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮き身の関連情報