コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮け歩み ウケアユミ

デジタル大辞泉の解説

うけ‐あゆみ【浮け歩み】

遊女の道中の際の歩き方。体を反らし、つま先をけり出しながら、足を浮かせるようにしてゆっくりと歩く。
「三つ重ねの衣装着こなし、素足道中繰り出しの―」〈浮・一代女・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うけあゆみ【浮け歩み】

花魁おいらん道中の時の遊女の歩き方。体をそらし、足を浮かせるようにして、軽くゆっくり足を運ぶ。 「素足道中くり出しの-/浮世草子・一代女 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

浮け歩みの関連キーワード浮世草子三つ重ね遊女

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android