コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮選機 ふせんきflotation machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮選機
ふせんき
flotation machine

浮遊選鉱を連続的に操業する装置。気泡発生機構がついているが,その機構の種類によって,(1) 機械かき混ぜ式,ファーレンワルド浮選機,(2) 空気吹込み式,SW型浮選機,(3) 併用式,アジテア浮選機など,いろいろの型式がある。機械かき混ぜ式が一般に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の浮選機の言及

【浮遊選鉱】より

…硫酸や消石灰などのpH調節剤もHおよびOHイオンの働きにより鉱物を活性化または抑制し,浮遊を制御するのに使われる。
[浮選機]
 鉱石や石炭の浮選に使われる浮選機flotation machineとしては機械かくはん式がもっとも一般的である。機械かくはん式浮選機は,機械かくはん翼と相対する固定翼との作用により,送気または自吸により外部から導入された空気をせん断・分散するとともに,パルプを適度にかくはんするしかけになっている。…

※「浮選機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮選機の関連キーワード全泥選鉱法フロス浮選選鉱セル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android