コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮遊選鉱 ふゆうせんこうflotation process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮遊選鉱
ふゆうせんこう
flotation process

選鉱法の一種。採掘した原鉱石から有用金属鉱物を分けるとき,媒質中に浮べ,脈石鉱物を沈めて両者を分離する方法で,次の3種がある。 (1) 薄膜浮遊法 (皮膜浮選)  脈石鉱物の親水性を利用したもので,水中に沈め,金属鉱物だけを浮かせる方法。 (2) 多油浮遊法 粉砕した鉱石を多量の油とともに水中で攪拌し,放置したのち,水層と油層の境界面に濃集した金属鉱物を回収する方法。 (3) 沫浮遊法 (フロス浮選)  粉砕した鉱石と少量のコールタール,パイン油などの油を水中で気泡を通じながら十分攪拌すると,油膜に包まれた金属鉱物粒は気泡に付着して水面に浮ぶ。これをかき取って精鉱を得る方法。脈石鉱物は親水性が強いので油脈に付着せず底部に沈殿する。今日行われている浮遊選鉱はおもにこの泡沫浮遊法である。また,一般に鉱石中の1種類の鉱物を精鉱として回収する浮選方式を単一浮選と呼び,2種類以上の有用鉱物が含有されている場合の分離・回収方法には優先浮選直接優先浮選総合浮選の3種がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

浮遊選鉱【ふゆうせんこう】

浮選,フローテーションflotationとも。鉱物表面が液体にぬれやすいか否かの差を利用した選鉱法で,今日各種鉱石に最も広く適用されている。0.3mm以下に粉砕した鉱石を,油や目的鉱物に応じた試薬,起泡(きほう)剤などを加えた水に懸濁させ,空気を送り込むと,ぬれにくい鉱物が気泡に付着して浮き,ぬれやすい脈石などは液中に残って選別される。
→関連項目選鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふゆうせんこう【浮遊選鉱 flotation】

微細な鉱石,石炭などのパルプから,特定種の粒子だけを選択的に気泡に付着させ,浮上させることにより分離する方法。通常は浮選といい,とくに鉱石に対する場合を浮遊選鉱,石炭に対する場合を浮遊選炭と呼ぶこともある。浮選は,硫化鉱物に対する選鉱法として,もっとも重要な分離技術であるばかりでなく,酸化鉱物炭酸塩鉱物,石炭,製錬からみ(鍰)などに対する分離技術としても,広く応用されている。 物質はその表面の性質によって,水に対する濡れやすさに差異がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の浮遊選鉱の言及

【泡】より

…アルブミン泡沫もよく知られ,泡立ちクリームや泡立て卵は非常になじみ深いものである。泡沫の重要な工業的応用に浮遊選鉱があり,たとえば捕集剤としてキサントゲン酸塩を加えることにより金属硫化物粒子は泡によって捕捉され集められる。逆に化学プロセスなどにおいて泡を破壊したい場合もあり,このためには溶解力のあるエーテル,アルコール,難溶性の界面活性物質としてオクチルアルコール,あるいはシリコーン(有機ケイ素化合物の重合体)などが用いられる。…

※「浮遊選鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮遊選鉱の関連キーワード陽イオン界面活性剤テーブル浮選塩化カリウムザンセート佐々連鉱山全泥選鉱法クレゾール金(元素)二酸化硫黄二硫化炭素都茂鉱山LPF法起泡分離金属鉱業浮遊選別金属工業秩父鉱山生鉱吹浮選機活性剤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮遊選鉱の関連情報