コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海大型潜水艦 かいだいがたせんすいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海大型潜水艦
かいだいがたせんすいかん

旧日本海軍の潜水艦。日本独自の設計になる艦隊随伴の大型潜水艦で,1型 (伊 51) ,2型 (伊 52) ,3型 (伊 53ほか9隻) ,4型 (伊 61ほか3隻) ,5型 (伊 65ほか3隻) ,6型 (伊 68ほか8隻) などが建造された。6型の伊 68は,1938年竣工。常備排水量 1785t,全長 104.7m,速力,水上 23kn,水中 8kn,10cm砲1,13mm機関銃1,53cm魚雷発射管6 (艦首4,艦尾2) ,航続距離は水上速力 10knで1万 4000海里 (2万 6000km) 。のち巡潜型潜水艦と総合されて,甲・乙・丙型潜水艦となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone