コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水上 みなかみ

13件 の用語解説(水上の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水上
みなかみ

群馬県北部,みなかみ町北部の旧町域。利根川の上流域を占める。 1947年町制。 2005年月夜野町,新治村と合体して,みなかみ町となる。西に谷川岳,東に至仏山,南東に武尊山がそびえる。水上温泉を中心とした町で,1931年上越線の開通により急速に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すい‐じょう〔‐ジヤウ〕【水上】

水の上。水面。「水上交通」
水のほとり。水辺。「水上公園」

みなかみ[地名]

群馬県北部、利根郡の町名。利根川上流域を占める。平成17年(2005)月夜野(つきよの)町・水上町・新治(にいはる)村が合併して成立。谷川岳の登山口があり、温泉やスキー場が多い。

み‐な‐かみ【水上】

《「な」は「の」の意の格助詞》
水の流れてくる上の方。上流。川上。⇔水下(みなしも)
物事の起源。みなもと。
「この度法の―成れば甲斐の身延へ参り」〈虎寛狂・宗論

みなかみ【水上】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「水上」姓の人物
水上滝太郎(みなかみたきたろう)
水上勉(みなかみつとむ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいじょう【水上】

水の表面。水の上。水面。
水のほとり。水辺。 「 -公園」

みずかみ【水上】

姓氏の一。

みなかみ【水上】

〔水の上かみ、の意〕
流れの源のほう。上流。川上。
物事の起源。始まり。

みなかみ【水上】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水上
みなかみ

群馬県北部、利根(とね)郡にあった旧町名(水上町(まち))。現在は同郡みなかみ町の中央から北部を占める地域。旧水上町は1947年(昭和22)町制施行。2005年(平成17)月夜野(つきよの)町、新治(にいはる)村と合併し、みなかみ町となる。JR上越線、関越(かんえつ)自動車道、国道291号が通じる。いわゆる奥利根の地域で、利根川水系最上流の山岳地域である。大部分が森林地帯で、森林の85%は国有林、その90%がブナなどの天然林に覆われ、畑作を主とする耕地は、谷沿いに分布する程度である。利根川上流には、奥利根湖(矢木沢ダム)、ならまた湖(奈良俣ダム)、洞元(どうげん)湖(須田貝ダム)、藤原湖(藤原ダム)の四つの人造湖がある。1931年(昭和6)清水トンネルができ上越線が開通。町の特色は観光で、水上温泉をはじめ数か所の温泉、谷川(たにがわ)岳、四大人造湖などの観光資源、奥利根、大穴(おおあな)、天神平(てんじんだいら)、水上高原などのスキー場に恵まれ、京浜休養観光地帯の一つとして、四季観光やレジャーを楽しむものが多い。関越自動車道の水上インターチェンジがあり、水上駅の北2キロメートルに国指定史跡の水上石器時代住居跡がある。そのほか、国指定重要文化財の旧戸部家住宅、国指定重要有形民俗文化財の雲越家住宅などがある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水上の言及

【大田[市]】より

…中世には石見(大森)銀山で栄えた大森に中心があり,天領として銀山奉行所,のち代官所が置かれていたが,明治以後銀脈が衰え,1939年閉山した。第2次世界大戦後は沿岸の五十猛の石見鉱山でセッコウや黒鉱が産出され,また豊富な粘土層に恵まれた南西部の水上地区は,良質の石州瓦の産地として知られる。大山隠岐国立公園に含まれる三瓶(さんべ)山,三瓶温泉,大森銀山史跡を中心とした代官所跡,間歩(まぶ)(坑道)跡,五百羅漢,川合の井戸神社などの観光地がある。…

※「水上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水上の関連情報