コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海山脈 かいざんみゃくseamount range

2件 の用語解説(海山脈の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海山脈

海山が互いに麓を接しあって,長くほぼ線状に並んだ海底地形をいう.孤立している場合には海山チェイン(seamount chain),線状でない場合には海山群(seamount group)という.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海山脈
かいざんみゃく
seamount range

海山が互いに麓(ふもと)を接し合って、長くほぼ線状に並んだ海底地形の一つ。同じようにほぼ線状に並んでいても、麓が接し合わず、孤立度が高い場合は海山列seamount chain、また海山が密集していて線状をなさない場合を海山群seamount groupとよび、区別している。しかし、実際の海底地形では典型的なものが少なく、そのどれに相当するかを決めるのは容易ではない。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone