コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海山脈 かいざんみゃく seamount range

2件 の用語解説(海山脈の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海山脈

海山が互いに麓を接しあって,長くほぼ線状に並んだ海底地形をいう.孤立している場合には海山チェイン(seamount chain),線状でない場合には海山群(seamount group)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海山脈
かいざんみゃく
seamount range

海山が互いに麓(ふもと)を接し合って、長くほぼ線状に並んだ海底地形の一つ。同じようにほぼ線状に並んでいても、麓が接し合わず、孤立度が高い場合は海山列seamount chain、また海山が密集していて線状をなさない場合を海山群seamount groupとよび、区別している。しかし、実際の海底地形では典型的なものが少なく、そのどれに相当するかを決めるのは容易ではない。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海山脈の関連キーワード因陀羅網啀み合う挑み合い共役点照応互いに長蛇矢軍御互いに逆方向反復配列

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone