コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底地形 かいていちけい submarine topography

4件 の用語解説(海底地形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底地形
かいていちけい
submarine topography

海底は,地形的に大陸縁辺地域,大洋底 (深海底 ) ,中央海嶺に3区分される。この分け方は地質構造も反映している。面積では大洋底が全体の約3分の2を占める。大陸縁辺部は大陸から大洋底までの範囲をさし,大陸棚大陸斜面コンチネンタルライズ (大陸斜面より傾斜がゆるいなめらかな地域で,一般に大陸斜面のふもとにあり,大洋底との漸移帯) に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海底地形【かいていちけい】

海底はふつう堆積の場であり堆積地形が卓越し,同時に海底浸食が微弱な結果,地殻運動による構造地形がそのまま海底地形として保存されている。海底の深さの面積比は,200m以浅が全海洋の7.6%,200〜2000mが8.5%,2000〜6000mが82.7%,6000m以深が1.2%,平均は3795mである。
→関連項目海洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいていちけい【海底地形 submarine topography】

地形とは地表面の起伏,形態のことで,海水面下にある地形を海底地形という。地形は地球内部に起因する内力(構造運動火山活動など)により生じ,起伏を大にする。一方,太陽エネルギーと地球重力に起因する外力(浸食,堆積)により地形は破壊され起伏を減少していく。陸上では河川,波浪,氷河,風などの浸食と堆積の作用により複雑な地形を形成するが,海底ではいったん生じた地形は,浅海以外ではあまり浸食を受けず,むしろ緩慢な堆積作用によって埋積されていくだけであるから,保存されやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海底地形
かいていちけい

海底の起伏などの形態。一般的にいえば、地球内部に起因する内力(構造運動)によって形成された構造地形が、太陽エネルギーと重力に起因する外力(侵食と堆積(たいせき)の作用)によって変形されたものが地形である。陸上では河川、氷河、波、風などで著しく侵食されるが、海底ではいったん生じた構造地形は侵食されずに保たれ、緩慢な堆積作用によって埋積されてゆく。
 地球の構造運動は地殻深部のプレート運動に起因する。マントル層の上にのっているプレートが移動するとき、プレートと他のプレートの境界におこる相対運動は、互いにぶつかるか、離れるか、擦れ違うかに分かれる。離れていくプレート境界ではマントル物質が地殻が薄くなった海底近くまで上昇し、その熱のために海底が膨らんで中央海嶺(かいれい)を形成する。
 中央海嶺は、北極海、大西洋、インド洋、南大洋(南極海)では大洋のほぼ中央を走る急峻(きゅうしゅん)な海底山脈をなし、太平洋では南東部に幅広く膨らんだ海底山脈となっている。中央海嶺ではマグマが噴出したり地下に貫入し冷却して新しいプレートがつくられる。新しいプレートは中央海嶺から遠ざかるにつれ冷却し収縮して沈下し、広大で低平な大洋底を形成するが、やがて堆積物で覆われ平坦(へいたん)化されていく。
 ぶつかるプレート境界では、一方のプレートは他のプレートの下へ沈み込んでいく。ここでは深くて両側に急斜面をもつ細長いへこみである海溝(かいこう)が生じる。沈み込んだプレートは深部で溶融し、ふたたびマントル物質になる。擦れ違う境界ではプレートの生産も消費もおこらず、ただこすれ合って地震帯を生じる。これがトランスフォーム断層で、その両端は中央海嶺か海溝かにつながっている。海嶺と海嶺をつなぐトランスフォーム断層では、プレートが離れていくにしたがって断層の痕跡(こんせき)が大洋底に伸び出して、断裂帯の地形を形成していく。断裂帯は海山(海底の山)、トラフtrough(海溝ほど急峻でないへこみ)、海底崖(がい)などを伴うきわめて細長い直線的な地帯である。北極海、大西洋は海溝がなく、プレート運動の速度は遅い。インド洋は一部に海溝を有する。
 これらの大洋の中央海嶺は拡大速度が遅く、山頂には中軸谷という地溝状凹地がある。一方、南大洋、太平洋では海溝でプレートの沈み込みがあり、拡大速度が速く、中央海嶺は膨らんだ海膨の地形を呈し、中軸谷もみられない。海溝では島弧、火山活動、深発地震などが伴うが、個々の海溝の地形などもろもろの地学現象には差異がある。これをプレート沈み込みの時間的進化とみる説、陸側と海側のプレートの相対的な動きの違いによって説明する説とがある。[佐藤任弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海底地形の関連キーワードジオイド断層地形プラヤ海底海底大地形暈渲式砂紋水圏地貌終地形

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海底地形の関連情報