コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海松食貝/水松食貝 ミルクイガイ

1件 の用語解説(海松食貝/水松食貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みるくい‐がい〔みるくひがひ〕【海松食貝/水松食貝】

バカガイ科の二枚貝。内湾の浅い泥底にすむ。貝殻は長卵形で、殻長14センチくらい。殻表は白色で、黒褐色の殻皮をかぶり、後端から太い水管を出す。名は、水管に海藻ミルが着生し、これを食べているように見えることによる。水管をすし種にする。みるがい。みるくい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海松食貝/水松食貝の関連キーワードトリガイミルガイ赤貝鏡貝桜貝玉珧鳥貝磯蜆象貝馬鹿貝