海松(読み)ウミマツ

  • みる
  • 海=松/水=松
  • 海松 (カンショウ)
  • 海松 (ミル・ウミマツ)

デジタル大辞泉の解説

海岸に生えている松。
ウミカラマツの別名。
海藻「みる」にあてた「海松」の訓読み。
「おぼつかな今日は子(ね)の日か海人(あま)ならば―をだに引かましものを」〈土佐
ミル科の緑藻。干潮線から水深約30メートルの岩上に生え、高さ20~40センチ。体は丸ひも状で二またに分枝を繰り返し、扇状となる。食用。みるめ。みるぶさ。みるな。またみる。 春》「汐満ぬ雫うれしや籠の―/召波」
海松色(みるいろ)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 海辺の松。
※源氏(1001‐14頃)澪標「うみ松や時ぞともなきかげにゐて何のあやめもいかにわくらむ」
② フトヤギ科の刺胞動物の一種。群体は樹枝状で、緻密(ちみつ)な黒い角質の骨軸をもつところから、俗にクロサンゴとも呼ばれる。相模湾以南の暖海に分布し、一〇〇~二〇〇メートルの海底に着生する。〔大和本草(1709)〕
③ (「海松」の訓読み) 海藻「みる(海松)」の異名。
※土左(935頃)承平五年一月二九日「おぼつかなけふは子の日か海人ならばうみまつをだにひかましものを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海松の関連情報