コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海松 ウミマツ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐まつ【海松】

海岸に生えている松。
ウミカラマツの別名。
海藻「みる」にあてた「海松」の訓読み。
「おぼつかな今日は子(ね)の日か海人(あま)ならば―をだに引かましものを」〈土佐

みる【海松/水松】

ミル科の緑藻。干潮線から水深約30メートルの岩上に生え、高さ20~40センチ。体は丸ひも状で二またに分枝を繰り返し、扇状となる。食用。みるめ。みるぶさ。みるな。またみる。 春》「汐満ぬ雫うれしや籠の―/召波」
海松色(みるいろ)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみまつ【海松】

ウミカラマツの略。
海藻ミルの異名。 「海人あまならば-をだにひかましものを/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海松 (カンショウ)

植物。マツ科の常緑針葉高木。チョウセンマツの別称

海松 (ミル・ウミマツ)

学名:Codium fragile
植物。ミル科の緑藻

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

海松の関連キーワード贄海の神事なのりそのハマグリ稲葉真弓石見根付鳥海松亭海賦模様玉藻なす深海松の素海松茶藍海松茶俟海松海松色俣海松深める志摩国鳥海恭掛ける海賦文いくり

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海松の関連情報