海菴(読み)ハイレン

大辞林 第三版の解説

はいれん【海菴】

カライワシ目の魚。全長は普通50センチメートル 内外。体形は長く側扁し、背びれの後端が糸状にのびる。背側は青く腹側は銀白色。口は斜め上向きにつき、目とともに大きい。食用。太平洋・インド洋の温暖域に分布。淡水にもすめる。イセゴイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海菴 (ハイレン)

学名:Megalops cyprinoides
動物。カライワシ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハイ‐レン【海菴】

〘名〙 イセゴイ科イセゴイのこと。ハイレンは台湾での呼称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android