コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸透探傷試験 しんとうたんしょうしけんpenetration test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸透探傷試験
しんとうたんしょうしけん
penetration test

非破壊検査法の一つで,肉眼では見られないような微細な表面亀裂 (きず) を検出するための試験法。非磁性体にも適用できる特徴をもつ。浸透性のきわめて強い染色浸透液またはケイ光性の浸透液を,試料表面に塗布あるいは浸漬 (通常5~20分程度) し,きずに浸透させる。表面上の余分の液を水または洗浄液で取除いてから再度現像剤 (乾式,湿式が一般的で,無現像の場合もある) を薄く塗布すれば,きずに浸透していた液が逆に表面上に吸上げられるので,亀裂を浮び上がらせた状態で観測できる。方法が簡便で,確実に検出できるため,表面欠陥の検査に広く活用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

浸透探傷試験の関連情報