浸漬(読み)しんせき

精選版 日本国語大辞典「浸漬」の解説

しん‐せき【浸漬】

〘名〙 (「漬」の正音は「し」)
① 液体につけひたすこと。転じて、教義・思想などが次第に浸透していくこと。しんし。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「数百年来政治思想の国中に循環浸漬(シンセキ)したる泰西諸国にても」
② 植物繊維の幹または茎を水、温湯、薬品にひたすこと。発酵させ、靱皮(じんぴ)と木質部を離れやすくするために行なう。

しん‐し【浸漬】

〘名〙
① ひたすこと。つけること。また、ひたること。つかること。〔医語類聚(1872)〕 〔孔融‐臨終詩〕
② 流言や教化などが次第に浸透していくこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「『バイブル』は〈略〉其民心に浸漬せることは四書の如く、其男女となく貴重することは、仏典の如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android