コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体レンズ えきたいれんず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

液体レンズ

電気で液体間の境界面を変化させてレンズの焦点を合わせる仕組みを採用したレンズ。携帯電話をはじめパソコン、医療機器などでの採用が想定されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えきたい‐レンズ【液体レンズ】

水と油の屈折率の違いを用いたレンズ。水(水溶液)と油を封入し、電極に電圧を加えると極性の違いによって境界面の形が変わり、焦点距離を変化させることができる。機械的な駆動部を必要としないため、小型化に向く。流体レンズ液体可変焦点レンズダイナモルフレンズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えきたいレンズ【液体レンズ】

固体ではなく液体を用いるレンズ。小口径の円筒内に伝導体の水溶液と不導体の油を入れてつくる。水溶液に電圧をかけると、境界面の曲率(焦点距離)が変化する。流体レンズ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

液体レンズの関連キーワード伝導体不導体曲率

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

液体レンズの関連情報