液体レンズ(読み)えきたいれんず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

液体レンズ

電気で液体間の境界面を変化させてレンズの焦点を合わせる仕組みを採用したレンズ。携帯電話をはじめパソコン、医療機器などでの採用が想定されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えきたい‐レンズ【液体レンズ】

水と油の屈折率の違いを用いたレンズ。水(水溶液)と油を封入し、電極に電圧を加えると極性の違いによって境界面の形が変わり、焦点距離を変化させることができる。機械的な駆動部を必要としないため、小型化に向く。流体レンズ液体可変焦点レンズダイナモルフレンズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えきたいレンズ【液体レンズ】

固体ではなく液体を用いるレンズ。小口径の円筒内に伝導体の水溶液と不導体の油を入れてつくる。水溶液に電圧をかけると、境界面の曲率(焦点距離)が変化する。流体レンズ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android